SAJ公認 長野県スキー連盟所属            
Norikura Ski・Snowboard School            
コラム(スノーボード技術)
乗鞍高原スキー学校スタッフのスノーボード技術に関するコラムです
ページ毎表示数
 1
板の性能を知り、滑りが変わる!
   
板をコントロールするのはもちろんわれわれの身体です。しかしその身体の使い方に目を向けすぎていると肝心な板の性能をまったく無視した滑りになってしまう・・・。何を言わんとしているのかって?身体の使い方を説明しようとするとそれぞれの感覚的な話がメインになってしまうと言う事。つまり聞く人によっても捉え方が違ってきてしまうということ。
ではどうしたら共通の認識でスノーボードのターンを考えることができるだろう?ここでの提案はまずボードの性能を知ること!なかなかトッツキ難い課題ですね。しかしこれを聞けば確実に考え方が変わります。
板は角付けすれば曲がるようにできているのです。これは雪面抵抗によるものですが、とりあえず角付け・・。そして板はテールがターン外側に流れる特性をもっていますが、それを重心位置と角付けの量で調整していくのです。つまりズレのコントロールですね。
そんなこと言ったってそれをやるのはやっぱり身体でしょ!って言われそうですが、性能を本当に理解することでコツを見つけていくというのが理想的な上達の仕方なのではないでしょうか?
同じ弧を描いている人は同じような構えをしている・・ここで大切なのは弧であってシルエットでは無いということ!形にとらわれ過ぎることなく自分のスタイルで目的のシュプールを描くのです。
高速時の切り替えのイメージ
 
ほとんどの人はターンを切り替える時に自分がターン内側に傾いていくことによってターンは始まると思っています。確かに間違ってはいません。なぜなら内側に傾くことでも角つけが成されて板はターンを始めるからです。ただイメージと実際の動きは違うとしたらこれは問題です。ここでは高速時の理想的な切り替えを考えます。本来は重心の下を板が通過していきながらクロスオーバーしていくのです。重心とはおおよそヘソのした辺りにあります。重心より谷側にあった板がターンを続けながら重心の下まで戻ってきます。なぜ戻ってくるのか?ターン前半は角つけを増していこうとするため板といっしょに重心がターン内側に傾いていきます。このままだと理論上はターンを終了できません。ある段階から重心の傾きを止めて板だけをターンさせるのです、すると自分の下に板が戻ってきます。問題はここからです!このあとに自分が次のターン内側に入ろうとしている人はご注意!戻ってきた板はそのまま重心の下をくぐり抜け山側に通過させることで次の角つけを生み出していくというのが効率的かつ理想的でしょう。しかしながらこれはかなりの上級技術と言えます。課題は2つ・・・1」山側まで大きく板を送り出すためにはその前のターンの終了時に板からの大きな反発をもらはなければならい。2」板が戻ってきた瞬間にほとんどは重心を上げてその反動を逃がしてしまう・・。1」の反発については板の性能を知ったうえでターン後半の重心位置を考えなければいけない。
切り替えの局面も板の性能と同じく重心の移動ルートや板との関係を明確に知る必要があります。これを知らずして語ることは個々の感覚にすぎず、根拠の無いものになってしまうんです。
 1
 
 >>トップページ >>スノーボード技術コラム
受付時間
8:45〜9:50(午前の部)
11:45〜12:50(午後の部)

レッスン時間
10:00〜12:00(午前の部)
13:00〜15:00(午後の部)

問い合わせ先
TEL 0263-93-2747

連絡先
〒390-1520
長野県松本市安曇4294-3
【モバイル、携帯サイト】
携帯電話用QRコードでブックマークをおすすめします
YouTube NSSチャンネル
乗鞍高原温泉スキー場はこちら
バナースペース(ご利用はお問合せください)
サンテレコムジャパン