SAJ公認 長野県スキー連盟所属            
Norikura Ski・Snowboard School            
コラム(スキー技術)
乗鞍高原スキー学校スタッフのスキー技術に関するコラムです
ページ毎表示数
 1  2
2枚の板
   
スキーは2本の板で滑るもの・・。でも2本を別に考えることはない。どちらも曲がる性能を持った道具ですから・・。同じように角付けをして同じ位置に重さを乗せてあげればいいのです。ターンに入る時と出る時、この瞬間に左右にある重さの違いを感じるのだと思います。これを難しく考えるときりがなくなりますね。ターンに入る時も出る時も2本の板が同じように角付けされていけばいいのです!つまりはスタンスの真ん中に軸が通っているような感じ。大概は外スキー側に重心を寄せて入ってくるパターン。もうひとつは内スキー寄りでターンに入ったままの重心位置をキープしようとしているパターン。どちらも真ん中からは外れ、どちらかに重心を寄せて耐えているような状態でターンを続けていることになります。2枚の板を同じように角付けしていくことの意味はとても深いところに行き着く気がします。
このことを理解したらあとは板のどの部分に抵抗をかけてターンに入るのか?出るのか?知れば知るほどシンプルなものなのです・・・・。
切替って何ができるのだろう
   
切り替えの局面は複雑な感じがしていますか?いえいえとてもシンプルですよ。板が通る軌道のように重心も綺麗な円弧をつなぎ合わせたものなのです。よく「飛び込む!」というようなイメージの話を聞きますが、もしも谷側に直線的に重心がクロスするようなイメージで滑っている人がいたらこれは問題です。そもそも直線的に重心をクロスさせることが不可能です。そして何よりも問題は、そもそも板が先に角付けされてから内傾できるはずなのに「飛び込む」人のほとんどは体が傾くから角付けされると思っている部分です。
切り替えは人間が縦回転すること?のような捉え方です。その運動を起こすためには足元を山側にすくわれるような板の操作をすることですね。
高速時の切り替えのイメージ
   
ほとんどの人はターンを切り替える時に自分がターン内側に傾いていくことによってターンは始まると思っています。確かに間違ってはいません。なぜなら内側に傾くことでも角つけが成されて板はターンを始めるからです。ただイメージと実際の動きは違うとしたらこれは問題です。ここでは高速時の理想的な切り替えを考えます。本来は重心の下を板が通過していきながらクロスオーバーしていくのです。重心とはおおよそヘソの辺りにあります。重心より谷側にあった板がターンを続けながら重心の下まで戻ってきます。なぜ戻ってくるのか?ターン前半は角つけを増していこうとするため板といっしょに重心がターン内側に傾いていきます。このままだと理論上はターンを終了できません。ある段階から重心の傾きを止めて板だけをターンさせるのです、すると自分の下に板が戻ってきます。問題はここからです!このあとに自分が次のターン内側に入ろうとしている人はご注意!戻ってきた板はそのまま重心の下をくぐり抜け、山側に通過させることで次の角つけを生み出していくというのが効率的かつ理想的でしょう。しかしながらこれはかなりの上級技術と言えます。課題は2つ・・・1」山側まで大きく板を送り出すためにはその前のターンの終了時に板からの大きな反発をもらはなければならい。2」板が戻ってきた瞬間にほとんどは重心を上げてその反動を逃がしてしまう・・。1」の反発については板の性能を知ったうえでターン後半の重心位置を考えなければいけない。
切り替えの局面も板の性能と同じく重心の移動ルートや板との関係を明確に知る必要があります。これを知らずして語ることは個々の感覚にすぎず、根拠の無いものになってしまうんです。
 1  2
 
 >>トップページ >>スキー技術コラム
受付時間
8:45〜9:50(午前の部)
11:45〜12:50(午後の部)

レッスン時間
10:00〜12:00(午前の部)
13:00〜15:00(午後の部)

問い合わせ先
TEL 0263-93-2747

連絡先
〒390-1520
長野県松本市安曇4294-3
【モバイル、携帯サイト】
携帯電話用QRコードでブックマークをおすすめします
YouTube NSSチャンネル
乗鞍高原温泉スキー場はこちら
バナースペース(ご利用はお問合せください)
サンテレコムジャパン